さざなみPro

ゲムトレード向けに開発したさざなみProであるが幸いにも好発進することができた。

WS000011

さざなみProの特徴は、もちろん、ロングとショートのハイブリッド取引を実現している点。

ロングの成績が停滞気味なところを、ショートで補完している展開ではあるが、ロングもトントンの成績を維持している。

もともとロングのフォワードを見て頂いてもおわかり頂けるが、半年程度の足踏み状態は過去にも数回ある。

それでも大きなDDをしない時間帯のエッジを追及したのがさざなみなので、そこは今後の展開に期待、、、、ということになる。

一方でショートエントリー側は良くも悪くもロング版に比べてボラティリティが大きいため決済時のpip数が大きい。

悪く言えば損する場合も大きい。なのでストップロスは150pipをデフォルトとした。

TPのデフォルトは300であり、事実上の成り行き決済時刻までひっぱる形にしているが、同じく150pip程度のカストマイズしてもよいかと思う。

好成績なのはたまたま下げトレンドであった可能性もあるが、掲載している長期間のバックテストを再現できている感じである。

今は、ゲムトレードで提供しており、ブローカーも選択できるのでお好きなブローカーで運用頂きたい。

ただ、確率論の実証のためにはもう少し取引実績を積み重ねる方がいいかと思うので失敗したくない!という方はゲムトレードのフォワードを注視してほしい。

このEAでいいのは、ロングが終わったあとでショートが入るので、一日に渡ってポジションの推移を観察できる点。

運用していて毎日2ポジエントリーするのはなかなか楽しいのである。

勝率は高いが、月に1~2度しかエントリーしないEAよりかは、運用する楽しみは数倍ある。

負けの経験も多くなるが損切りメンタルを鍛えることもできる。

投資家に必要なことは損切りに耐えるメンタルを備えること。

少しずつでもプラスになっていれば運用は継続できる。と信じること。

勝率が高くても、リスクリワードレシオ1.0以下のEAは、薄氷の上を歩いているようなものである。。という表現をどこかのレビューで見たが、利用者はやはりそういう目で分析しているのだなぁ、、、と感じた。

Leave a Comment