ヘッジトレード

今回、ヘッジトレードの紹介をしてみようと思う。

ヘッジトレードFX | fx-on.com

FX-ONでは強気の価格で49800円で販売しているし、値引きキャンペーンも
行う予定はない。

この度、初の1本の購入があったが、ご購入者さまはご安心いただきたい。
実は、私のメルマガで先行販売しており、16本の販売実績があるのである。

このロジックは販売ページにも記載しているが、基本的には複数ポジション
をもつ、ナンピンEAであるが、ポジションを建てる時は常に『売り』『買い』
の両方を建てるという異色のロジックを搭載している。

ナンピンEAの弱点は片方のトレンドが発生したときに利益を得にくいという
ものがあった。そのため、その弱点を克服するために、常に両建てするロジック
を考案し、チューニングを施して開発したのがヘッジトレードである。

名前の由来はその名のとおり『リスクヘッジ』を行うロジックであるが故の
ネーミングである。

このロジックではポジション数が多くなるので、マーチンゲール係数をかなり
低く設定している。なので、殆どのポジションが0.01~0.05程度に収まる。

しかしバックテストの結果を参照して頂き、ロットのリスクを推察してほしい。

バックテストでは1万ドルスタートで実施しているので、1通貨ペアあたり、
証拠金1万ドル、若しくは100万円程度を推奨している。
かなり、余裕をもった金額であるがナンピンEAの推奨金額は大きければ大きい
ほど良いのは明白だ。

しかしながら公式のMyfxbookでは、50万円スタートで1年間で35%以上の利益率
を達成している。

デフォルト設定ではうねりPro/うねりニトロ同様に月に1度の損きり判定も入れ
ているので、ポジションが積み上がって口座破綻になる前に損きりを行う。

勿論損きりを行うほどポジションが積み上がると、ドローダウンもかなりの
額を食らうが破綻するよりかはずっとマシだ。

今回のドル円の値動きによって、かなりの大ダメージを食らったナンピンEAが
FX-ONの中にもあるが、ヘッジトレードやうねりニトロは、元々クロス円は推奨
していないので、大きなダメージはなかった。

また、ドル円でフォワードを実施している『うねりPro2014』も、含み損は膨ら
んだものの、他のナンピンEAのようなドローダウンは喫していない。

これは、月に一度の損きりと、ポジション相殺機能の恩恵である。

この設計思想は決して間違っていないと思う。

さて、話をヘッジトレードに戻すがポジション数が多く、取引数も多いので
FX-ONで言うと龍神様EAに似ているが、ポジション数はこの1年間でも最大30前後
の実績である。

また、ポジションを取る時も一定間隔以上のレートが離れないとナンピンしない
ので、似たようなレートでどんどんポジションを持つ、龍神様EAとはチョット違う。

EAの名前を出してしまったが、決して誹謗中傷しているわけではないので誤解
しないようにお願いしたい。

Leave a Comment