大荒れ相場

今回の大荒れ相場は、リーマンショックの再現を言われるほどであったようだ。

しかし、自分のEAでは殆ど影響がなかった。

ナンピン、デイトレともに、1時間に1度程度のエントリー判定では影響がなかったのが実情である。

 

デイトレのさざなみでも影響がなかった。

マルチデイトレードは一気に10万程度の暴益だった。

 

今回のチャンスを逃さないようにEAを開発してみた。

1分足でxx回以上のTick変化があったときのみにエントリーする。

そのときに、その足に応じて順張り、逆張り、両建てを選択できる。利確はTP/SLが設定可能だ。

 

さらにはやりのEAの機能も盛り込んだ。

自分の今の足がxxpip以上動いたらエントリーするものだ、

 

上記、二つの機能を持ったEAを開発した。

 

ほしい方は、1口座1万円でライセンスを発行する。

nky.corp@gmail.com までご連絡ください。

 

真似物EAなのであまり自慢できないが開発者はこういうところに自由度があるなぁ。。。

 

 

 

 

さまざまなEAのプログラム修正のリリースにつきまして

昨日、さまざまなEAのプログラム修正をリリースさせていただいた。

もともとは、ブローカーから取引のエラーが通知されたときの救済処理を入れているが

その、対策をもう少し高信頼化させたかったのである。

MT4には致命的なバグ?が存在する。

 

分かっている一例ではあるが、ポジションを建てる注文を出し、ブローカーから応答が一定時間無い

場合、通信用語で【タイムアウト】というコードがEAに返却される。

エラーコードで言うと、128というコード。

このコードが発生したあとは非常に厄介だ。

プログfラムで、このコードをエラーとみなして、リトライ、つまりもう一度ポジションを建てようとすると、

次の注文は通り、ポジションが建つが、なぜか、EAにはポジション建てが失敗というエラーが返却されるのである。

しかもこのポジションは、マジックナンバーも着かない変なポジションなので、EAがそのポジションを認識できない

という、とても厄介なオマケつきのポジションになる。

そうなると、ポジションを建てるのに、無限ループを組んでいるEAなんかは一巻の終わり。

証拠金が無くなるまでポジションを建て続けるのである。

これの解消には、一度MT4を再起動したりブローカーの様子を確認する必要がある。

この対策のために私のEAでは、エラー128が発生すると、売買を停止する機能を実装してある。

しかし、この対策以外にも未知のバグや状態が発生する可能性も否めない訳である。

 

私のEAでは注文時に最大100回リトライする仕様になっているが、これを10回に変更したのが今回の修正である。

 

ブローカーBusyや、価格が合わないなどのエラーは救済する必要があるが、これらは過去の経験上10回もリトライすれば

注文は成功する。なのでこの措置を入れておくことにしたのである。

 

未知のバグがあっても最大10ポジションまでしか取らないようにする。

 

EAの開発はこういうところが難しい。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

嬉しかったこと!!!

 

まずは、FX-ONの人気商品ランキング! 第四位に窓埋めシステム!

WS000025

 

 

次にフォワードランキングに、うねりニトロとマルチデイトレードがランクイン!

 

WS000026

 

 

WS000024

 

そして実現損益ランキングには、マルチデイトレードとマルチスキャルピングがランクイン!

 

 

WS000027

 

開発者冥利に尽きますね(^^)

お盆は閑散期? 窓埋めシステムエントリー無し

先週の雇用統計もいまいちの動きだったし、今週は窓埋めもエントリー無しです。

通貨ペア毎にエントリー条件のギャップが設定してあるのですが

デフォルト設定では今週はエントリー無しでした。

こういうときは、毎日エントリーする『さざなみ』や、マルチデイトレードなんかを

併用してポートフォリオを組むのが有効ですね。

そもそも、毎年お盆は閑散期なので、高値、安値のブレイク系や窓埋めなんかはエッジが

効かなくてエントリーしないかも、、、

こういうレンジ相場では『うねり系』のナンピンロジックが細かく利益を積み上げてくれます。

うねりニトロは優秀です!

ロジックを微修正! 窓埋めシステム

窓埋めシステムのバックテストを契機にロジックを修正しました。

主に過去4年間のバックテストの最適化を再実施したときに

デフォルトのパラメータをバックテスト通りに修正しました。

ご利用者様で設定可能ですので、このあたりはバックテストを実施して

最適な値を探っていただいても構いませんがデフォルト値でもそこそこだと思います。

お勧めは、勝率の高い通貨ペアですね。

販売ページにも記載しています。