【無料キャンペーン】うねりニトロがフォワード60万円を達成

 

WS000044

 

コツコツと積み上げてきたフォワードがついに60万円を達成した。

うねりニトロは、いままで大きな【ドカン】を食らっていない。

損切りはあるが、それはハマらないための損切り。

正直に言うが、ナンピンEAなのである程度のリスクはある。

しかし、月一の損切りを入れているために、今までの過去利益が全部吹っ飛ぶようなことは

極力発生しないようになっている。

現に、単純ナンピンEAはほぼ壊滅状態と言っても過言ではないと思う。

FX-ONでも破たんしたナンピンEAがたくさんある。

勿論、私の出品している中でも成績の悪いものは確かにある。

でもやっぱり、色々な機能を過去の経験がら追加してきたこのうねりニトロは、ベースの実力が

凄い。

スキャルはやっぱり難しいし、いつ訪れるか分からないドローにおびえながら運用するのも

辛い。

その点ナンピンEAはポジションの多さと含み損さえ留意していればある程度の勝利は約束されている。

うねりニトロも、FX-ONのフォワードを信じるとすればほぼ二年半ほったらかしで60万円を稼いだことになる。

さて60万円記念キャンペーンで、恒例となった先着3名様にXM口座専用のライセンスを無料キャンペーンを

実施する。

応募はメールにて。

nky.corp★gmail.com

★を@に換えてご連絡ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は完全勝利!!!

英国のEU離脱を問う国民投票。 結果はどうあれ、相場は大混乱!?

GBPJPYは、約2700pipのボラティリティ!

 

WS000022

 

USDJPYも一時期99円台に乗せた。 これらに対し、自分のEAは!?

 

まず、さざなみ

+3万450円!

 

次にさざなみショート

 

+3万100円!

次はデイトレの、マルチデイトレード

 

+16万5567円!

次はマルチスキャルピング

+3万9610円!

最後にヘッジトレード!

 

+33万106円!

まさに完全勝利であった。

しかしもっと自分的に嬉しかったことがあった。

それはナンピンEAが殆ど飲みこまれずに、大きな含み損も抱えずに乗り切ったことである。

FX-ONで販売中の人気のあるナンピンEAは損切りされるものが多かっただけに

これは個人的には、自分の研究成果が出たと思っている。

うねりニトロは、クロス円ではなく、AUDCADなので飲みこまれないのは分かっていたが、

USDJPYを回している、うねりPROは、真っ向勝負!

 

トレンド対策を十分に解析してきた、損切り優先型のナンピンEAが

この うねりPro2014 であり、今回の相場でも完全勝利。

 

是非とも賢い売買履歴を見てほしい!

 

うねりPro2014概要

名前こそ、2014とついてて古いイメージがあるが、いまだに着実にフォワードを積み重ねている。

 

これを複利にしたのが うねりニトロ であるがフォワードは クロス円を嫌い、AUDCAD で実施している。

ドル円は、ボラが小さなイメージがあるがナンピンEAでは私個人は嫌いである。

できれば、AUDCAD、EURGBP、GBPUSD のような通貨ペアが好ましいと個人的には思う。

さて話がそれたが、 うねりPro2014のフォワードは、当時はUSDJPYの開発に凝っていたので必然的に

この通貨ペアになっている。

ドル円の急変化や、強烈なトレンドはナンピンEAの大敵である。

しかし、うねりPro2014のフォワードでは大きな破たんはない。

逆に、毎月の損切り判定でジグザグな部分があるが、これらの先行損切り機能があるが故の生き残りの 結果であると思う。

FX-ONのフォワードでは印象が悪い『損切り』であるが、これが投資家では一番重要である。

損切りを悪とおもっているうちは、投資家として生き残れない。

毎日エントリーしているさざなみシリーズも時間指定なので損切りの数も多いが、逆に勝率50%以上であれば

プラスに転じる可能性が高いのである。

なにが言いたいかというと例えば、さざなみのエントリーを勝率をあげるために、

1.決済時刻がきてもマイナスだったら決済しない とか、

2.マイナスに転じて一定以上のマイナスになったらナンピンして複数ポジションをとる とか、

3.SL幅を大きくして複数日を跨いで耐え続ける などの改変をする

と、勝率もあがり、でこぼこしたフォワードラインにはならないかもしれないが、

いつか、損切りがくることが絶対にあり、その時に大きなダメージとなるのは明白である。

ということだ。

さざなみも、半年くらいヨコヨコ成績でご迷惑をおかけしているが、損切りは悪ではないのである。

大きなドローダウンを記録していないことが逆にその証である。

損切りを味方にできないうちは、メンタルがまだまだ、、、ということになる。

勝率ばかりがやみくもに高いほうが運用していて楽なのかもしれないが、現実を見つめ、

きちんとした確率論に対応しながら成績を注視してほしい。

うねりニトロ フォワードの収益率の意味

FX-ONで発売中のうねりニトロ

フォワード開始してから2年半かけてようやく純利益50万円を達成。

50万円を達成するのに2年半もかかるなんて遅い!?

巷にはもっと早く達成するEAなんてたくさんあるぞ!と仰る意見も頂戴する。

それはロット数の保有枚数と証拠金の多さが重要になる。

簡単にいえば、大きなロットで勝負すればFX-ONのフォワード証拠金の100万円に

対し、大きなリスクを取れば大きな利益を得られる場合もある反面、破たんのリスクも

あるわけである。

このような評価のために、FX-ONでは、『収益率』という評価基準を設けている。

この収益率というのは、なかなかよく考えたファクターであると思う。

算出基準は、同時に保有した最大ロット数と純利益の比率である。

つまり、如何に少ないロットで、多額の収益を上げることができるか?

というファクターである。

最大1ポジションしか持たないロジックでもフォワードで、

1万通貨で行う場合と10万通貨で行う場合は、見た目の損益が10倍違う。

一見すると、『短期間で凄い収益だ!』と思う反面、フォワードを見るとロットが10万通貨であった、、、

ということもあるわけだ。

それを公平化するのが、『収益率』である。

WS000015

この画像の赤丸部分を重視していただくといいかと思う。

今のところ、うねりニトロもまぁまぁであるが、最大ポジションが9までしか達していないからである。

一方に大きなトレンドがでるとポジション数が増えてしまい、収益率は一気に下がる可能性もあるわけだ。

フォワードの良し悪しの判断の参考になれば幸いである。

うねりニトロのフォワードが純利益50万円を突破!プレゼント企画あり!

GWの最終日?であるが皆様いかがお過ごしであろうか。

明日から通常に戻るので、少々気が滅入っている方も多いのではなかろうか。

まぁこれも日常の仕事があるが故のことである。

定年になってリタイヤしたらこういう気持ちにもならなくなる反面、日常の気分の抑揚も少なくなってしまうのでは?と危惧してしまう。

刺激的な毎日を送るのがいいか、平凡な日常を淡々と過ごすか?である。

 

で、表題の話であるが、2014年1月にフォワードを開始した、うねりニトロ であるが遂に純利益50万円を突破した。

chart

勿論、含み損もない。
WS000014

100万円の証拠金に対して50%の利益率である。約30カ月での達成なので平均月利1.6%程度である。

年利でいうと年利20%。

つまり100万円に対して年間20万円の利益ということになり、この成績をどう判断するか?ということになる。

数多く販売しているEAの中で、なぜ私が月利、年利の話を出したか?

であるが、ナンピンEAは、高勝率で両建て型であるために、非常に大きなトレンドさえ出なければ

ほぼ勝利が約束されるし、その利率がナンピンEAの性能を表す指標であるからである。

 

うねりニトロは、ロットの段数のメリハリがうねりPro2014に比べて大きいという特徴がある。

このため、ロットが積み上がっても、相場の押し戻りが50pipもあれば利確してしまうので、おおきなハマりに

至らずに利益を積み重ねることができる。

その反面、トータルでのロット数の保有枚数は一時的に増加するのでリスキーと言えばリスキーである。

しかし、2014年1月~現在まで色々な経済事象が発生してきたが乗り越えられた。

毎月の損切りイベントが月末にあるがこれが功を奏していると思うし、細かいポジション相殺機能も効果がある。

 

また、販売レター でも説明しているが、純利益50万に達したら複利係数をリセットして利益分を出金する、、、

というような運用を推奨している。

こうすれば、まずは50万ゲット確定(まぁ税金、VPS諸経費などはあるが、、)であるしこの先口座が破たんしても

-100万+50万でトータルマイナス50万で済む。(こうなる確率は低いとは思うが。。。)

 

つまり、複利でどんどん増やすのもアリであるがリスクを最小限に抑えながら、再度50万を目指す、、というスタイル

を推奨している。

ナンピンEAはやめ時が肝心なのである。

 

という訳で、うねりニトロ 純利益50万円達成キャンペーンを今回開催する。

 

FX-ONでうねりニトロをお買い上げの方に限り、

 

直販版の『さざなみPro』を1口座ライセンスプレゼント!

 

FX-ONでの購入日、登録メールアドレス、ハンドル名を添えて、FX-ONのメッセージをください!

5月末日までにFX-ONで購入された方に限ります。

※さざなみProは、1口座ライセンスのみで口座変更はできませんので慎重に口座を決定の上、ご連絡ください。^^

お待ちしております!

相場から退場しないことの重要さ

相場に居続けること。

それこそがもっとも難しいことであるとつくづく思う。

居続けるということは、勝ち続けることでもあるが、

同時に負け続けないことでもある。

もう少し言えば

【大きく負けない】

ということである。

これは私のEAで一番力を注いでいる事項である。

ナンピンEAの弱点は積みあがったポジションが、口座の証拠金維持率まで

頑張り続けて、口座が破綻するということ。

これを抑止するために毎月の損切り機能をいれた。

これにより、破綻の確率はかなり低くなったが同時に利用者からの印象は

かなり悪くなった。

実際数ヶ月スパンの結果では、損きりが裏目にでることの方が多いし、

損きりの爪あとは大きな傷となって利用者の目に映ってしまうものである。

ナンピンEAの戦略で最も重要な事項は適切な損きりにある。

ナンピンEAだけではなく、デイトレ、スキャルなどすべての戦略に損きりが

重要であることはいえると思う。

損きりを嫌うようなロジックにすると勝率もよく見えるし、見かけ上の損益
グラフもきれいに見れる。

損きりしないナンピンEAのバックテストグラフはとても綺麗な右肩上がりである。

しかしその裏には決済できないままの含み損を何ヶ月も抱える実態が隠れている。

スキャルタイプのEAではいつか訪れるであろう、大きなドローダウンに怯えながら

運用を継続することになる。

二年間、フォワードで右肩上がりを積み重ねた勝率80%以上のEAも、半年のドローダウン
で利益を半分を失うと利用者からは、『悪夢』と称されるのである。

さざなみのように勝率50~53%のEAを運用していると頻繁に負けるので損切りが日常茶飯事
になってくる。

もちろん、損きりしないで勝ち続けるに越したことはないが、毎日エントリー必須の
デイトレードでそれを成し遂げるのは難しいし、大数の法則には逆らわないほうが得策だ。

ここ半年ばかりは、さざなみも数万円のレンジ幅で損益の上下を繰り返しているが、過去も
そういう時期を乗り越えて現在に至っている。

今日は負けても明日は勝てる。なにせ積み上げた勝率は50%以上だし、毎日エントリーするの
だから。

大きく負けて退場しないこと。

これが大切なのである。

 

リスクリワードレシオ

またまた、頂いた質問のコーナーである。

さざなみの、リスクリワードレシオは?

と言うものである。

こんな時は、ネットでまずは分かりやすいサイトを紹介している。

 

http://fx初心者比較.jp/リスクリワードレシオとは?計算や勝率は?

 

このサイトは中々整理されていて分かりやすい。

では、問題。

利確 10pips

損切り 200pip

 

のロジックのリスクリワードレシオは?

 

10÷200で、0.05ですね。

そのロジックは複雑で、月に1度しかエントリーしない場合は、何カ月でドローダウンを解消できますか?

連勝しても20カ月ですね。。

だからといってロット数をあげて早く損失を取り戻そう!とか、取引回数を上げて、なんてのは

やらない方がいい。もともとのロジックがその実力なのであるから変なことをすると早期に破たんする。

 

リスクリワードレシオは、ロジックの選択上、重要なファクターなのです。

ちなみに さざなみ は、意図的にTP/SLは設定していない。

短い保有時間での決済がメイン。

なので長い期間でのフォワードの平均結果がリスクリワードレシオの結果を逆に導いている。

過去二年で総取引回数、515回

  • 平均利益
    3,121円
    最大利益
    30,090円
  • 平均損失
    -2,681円
    最大損失
    -15,910円

3121÷2681=1.16 かつ 勝率が、53%前後。

これが さざなみの実力となる。

気になる方は、FX-ONのサイトで、 損小利大 をファクターに検索してみるといいと思う。

その中で最大ポジション数が少ないEAがリスクの少ないロジックを採用している可能性が高い。

先日お勧めした、Beatrice-07 あたりは素晴らしい、、と思う。これこそが、

EAの本質の見抜き方

であろう。

僕のEAは、勝率50%を少し上回るロジックを採用し、期待値を上げて攻めるのがポイント。

 

あえて極端な高勝率は避けている。

 

それは、このリスクリワードレシオを読んで頂ければ、おのずとご理解頂けると思う。

 

因みに余談であるが、ナンピンEAは、高勝率なのでこの罠に陥りやすいのでやめどきを考えるように推奨している。ある意味のヒットアンドアウェイ。

 

EAを運用するのも戦略面が必要である。

 

シャア アズナブルもこう言った 。

 

戦いとは常に二手三手、先を考えて行うものだ。と。

ナンピンロジックの肝

トレンドの処理は、自動売買において極めて重要な意味合いを持つ。

スキャルであれ、デイトレであれ、ナンピンであってもトレンドが発生した時のリスクは一緒である。

つまり、トレンドと反対方向のポジションを持っていたら負けであり、あとはロットの違いだけである。

スキャルが安心でナンピンが怖い、、と単純に結びつけるのはおかしな話である。

スキャルだって取り引きのロットをあげていればそれなりにリスクは高い。

マズイのはナンピンロジックで損切りを一切しないで耐え続けるEAなのである。

つまり損切りを上手く処理するロジックがあれば通常の勝率はナンピンロジックが最強なのは既知の事実であるので、ココがキモになってくるのである。

僕のEAはこの課題を数年前から追い続けて来た。

毎週の損切り、毎月の損切り、ポジション相殺、ロット係数の自動上下など様々だ。

最新の損切りロジックとしては、常にナンピンの時に両建てしてリスクヘッジするという、攻めの考えを投入した。

それがヘッジトレーダーFXである。

フォワードも好調である。

ポジション数は、ある程度取るがロット係数が低いので、含み損は大きくはならないうちに全決済するような仕組みを採用している。

この週末も25個のポジションを持っているが、含み損はそんなに多くはない。

来週の何処かで全決済されるとにらんでいる。

シルバーウィークで日本が休場のうちに海外のヘッジファンドが仕掛けてくるのを期待したいが通貨ペアがAUDCADなので急激な動きは豪指標かな?と思っている。

さまざまなEAのプログラム修正のリリースにつきまして

昨日、さまざまなEAのプログラム修正をリリースさせていただいた。

もともとは、ブローカーから取引のエラーが通知されたときの救済処理を入れているが

その、対策をもう少し高信頼化させたかったのである。

MT4には致命的なバグ?が存在する。

 

分かっている一例ではあるが、ポジションを建てる注文を出し、ブローカーから応答が一定時間無い

場合、通信用語で【タイムアウト】というコードがEAに返却される。

エラーコードで言うと、128というコード。

このコードが発生したあとは非常に厄介だ。

プログfラムで、このコードをエラーとみなして、リトライ、つまりもう一度ポジションを建てようとすると、

次の注文は通り、ポジションが建つが、なぜか、EAにはポジション建てが失敗というエラーが返却されるのである。

しかもこのポジションは、マジックナンバーも着かない変なポジションなので、EAがそのポジションを認識できない

という、とても厄介なオマケつきのポジションになる。

そうなると、ポジションを建てるのに、無限ループを組んでいるEAなんかは一巻の終わり。

証拠金が無くなるまでポジションを建て続けるのである。

これの解消には、一度MT4を再起動したりブローカーの様子を確認する必要がある。

この対策のために私のEAでは、エラー128が発生すると、売買を停止する機能を実装してある。

しかし、この対策以外にも未知のバグや状態が発生する可能性も否めない訳である。

 

私のEAでは注文時に最大100回リトライする仕様になっているが、これを10回に変更したのが今回の修正である。

 

ブローカーBusyや、価格が合わないなどのエラーは救済する必要があるが、これらは過去の経験上10回もリトライすれば

注文は成功する。なのでこの措置を入れておくことにしたのである。

 

未知のバグがあっても最大10ポジションまでしか取らないようにする。

 

EAの開発はこういうところが難しい。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うねりニトロ小さな損切り

昨晩、月に一度の損切りを行った。

毎月1回の損切り判定を行うよう、プログラムに仕込んである。

日数の少ない2月でもきちんと発動するようにしてあるし、規定の日が休日でも翌営業日に

動作するようプログラムされているのである。

本来は毎月25日のサーバー時刻20:45に実施するが今月は土曜日だったので翌営業日の27日に行われた形である。

この細かい損切りがナンピンEAが安定していられる重要なファクターであり、イベントである。